ホンダCBカテゴリの記事一覧

東京モーターショー2007

千葉市の幕張メッセで行なわれた東京モーターショー2007に行ってきました。今回の一番の注目は個人的にはホンダのCB1100FとCB1100Rだったのですが、やはり日産のGTRの人気がスゴイの一言でした。GTRのブースは常に満員の状態で、1時間以上の待ち時間となっていたので、逆にバイクブース自体は、まあまあゆっくりと見ることが出来ました。ホンダの市販車ブースには、もちろんCB1300とCB1300ボルドールも展示されていましたが、やはりCB1100FとCB1100Rの方が気になります。
初めてCB1100FとCB1100Rを見たときの感想は「ホンダもようやくホンダらしくなってきたぞ!」というものでした。事前のバイク雑誌で2台の写真を見ていたので、やはりRCBを彷彿させるCB1100Rに興味がありましたが、CB1100Fも実物はかなりカッコイイ!写真ではブラック塗装のエンジンでしたが、モーターショーにはシルバー塗装のエンジンに変更されていて、4into1のマフラーに合わせて「CB400F」を思い出させるデザインがとても気に入りました。
2台の詳細は別記事で紹介したいと思いますので、そちらを参考にして下さいね!

CB1300とCB900F

ホンダの“ビック1プロジェクト”に始まった水冷&4気筒が本当に次世代のCBになるのでしょうか?未だに「CB」といえばCB750FやCB900Fを一番最初に思い出してしまうようなバイク乗りにしたら、正直なところCB1300のフィンのない、ツルっとしたエンジンを見ても決して「美しい」とは感じません。確かにエンジンそのもの、なによりパワーは進化しているのでしょうが…そして、大柄な車体は、いかにもビックバイクの乗っているという優越感、満足感はあるかもしれません。しかし、無駄にでかいタンクや、無駄に太いタイヤは、確かに見た目はカッコイイのかもしれませんが、CB750FやCB900Fのようにシェイプされたタンクの方が、その美しい空冷エンジンが強調されるので、かえっとメカニカルでカッコイイと思ってしまうのです。そして、何より最近のホンダは完成されたバイクを出してきます。CB1300もそうだけど、このバイクはこう乗れ!と主張してくるバイクのことです。それは完成されているからなんだろうけど、本田のオヤジ(本田宗一郎)がつくってきたバイクは何か違ってたと思うんです。オヤジのバイクって「これはどうだ?」って聞いてくるんですよね。だから、「オレはこうだけど」って感じカスタムしたりして…オヤジのバイクはバイク乗りと会話ができるんです。CBっていうバイクを通してオヤジと会話していた、そんな感じがします。