cb1300カスタムカテゴリの記事一覧

CB1300のカスタムイメージ

CB1300は、ある意味とても完成されたオートバイだと思います。それゆえにCB1300をカスタムするには「何を目指すのか?」という疑問があります。例えばカワサキ車にはカスタムする楽しみがあるように思います。なぜならホンダ車と比べると、あきらかに未完成なオートバイというイメージがあるからです。それはネジ1本を比べて見ても明らかです。ホンダはレースからフィードバックされた軽量化された高価なボルトを使用しているのに対し、カワサキは造船と共有しているのではないかと思えるようなボルトを使用していたりします。乗り味についても、ホンダ車が「このバイクは、こう乗れ!」と主張してくるのに対し、カワサキ車は「自分なりのバイクに仕上げてくれ!」と言っているような気がします。また、CB1300は耐久レースに出場して、サーキットでも、そのポテンシャルをアピールしていますが、個人的にはツーリングバイクとしての位置づけが正しいように思います。CB1300をカスタムして公道で○○○km/hを目指すわけでもないでしょうし、ドーバーに出場できるわけでもない、やはりサーキットはCBRに任せておけばいいわけです。CB1300のカスタムは、もの凄く微妙なのです・・・。

マフラー交換

CB1300のカスタムは軽量化が一番のポイントではないかと思います。CB1000SFをメーカーの手によってカスタムチューンされたのがCB1300であるため、ストリートでの使用を考えれば最も良いバランスを保っていると言えるでしょう。もちろんレースで使用するとなれば話は別ですが…
CB1300の軽量化を目的としたカスタムで一番手っ取り早い方法がマフラー交換となるでしょう。CB1300のマフラーは数多くのパーツメーカーから発売されていますので、レース等で実績のあり、信頼のおけるメーカーのマフラーをチョイスすれば問題はないと思います。車検に対応したJMCAマーク付のマフラーであれば公道使用もOKですし、チタン等を使用したマフラーなら更なる軽量化が期待できますね!マフラー交換で馬力UPやレスポインスUPを期待するライダーも多いと思いますが、個人的には、あまり意味が無いように思います。大切なのは全体のバランスですし、軽量化できるマフラーにポイントを絞ったてチョイスした方が良いと思います。
その他のCB1300のカスタムとしては、ライダーの体系に合わせてシートの厚み(足付を「よくするため)を変更したり、ハンドルの位置を変える程度で十分じゃないかと思います。

リミッターカット

CB1300のカスタムではリミッターカットも人気のようです。ただし、CB1300用に一般に市販されているリミッターカットはスピードリミッターカットです。なかにはNSRのようにリミッターカットを装着すると馬力の上がる車種もありますが、CB1300の場合はメーターと連動して最高速度のコントロールしているリミッターをカットするものです。配線図を見ながらリミッターをカットする方法もあると思いますが、一般的には市販のリミッターカットを取り付けるのが一番簡単な方法です。したがってメーターをフルスケール等に交換している場合は効果がありません。
CB1300は十分にスピードの出るバイクですし、ネイキッドということを考えると、ツーリングの使用でリミッターカットが必要なのかは疑問に思うところがあります。CB1300でリミッターカットが必要なのはサーキット走行です。また小さなサーキットの草レースなら、リミッターカットしていないCB1300でも、それなりのタイムが出ていますし、あまり必要性を感じません。それより腕と軽量化の方がずっとタイムに影響しますね。またリミッターカットは基本的にはレース専用パーツになりますので、ストリートでは必要のないパーツですね!