CB1300

東京モーターショー2007

千葉市の幕張メッセで行なわれた東京モーターショー2007に行ってきました。今回の一番の注目は個人的にはホンダのCB1100FとCB1100Rだったのですが、やはり日産のGTRの人気がスゴイの一言でした。GTRのブースは常に満員の状態で、1時間以上の待ち時間となっていたので、逆にバイクブース自体は、まあまあゆっくりと見ることが出来ました。ホンダの市販車ブースには、もちろんCB1300とCB1300ボルドールも展示されていましたが、やはりCB1100FとCB1100Rの方が気になります。
初めてCB1100FとCB1100Rを見たときの感想は「ホンダもようやくホンダらしくなってきたぞ!」というものでした。事前のバイク雑誌で2台の写真を見ていたので、やはりRCBを彷彿させるCB1100Rに興味がありましたが、CB1100Fも実物はかなりカッコイイ!写真ではブラック塗装のエンジンでしたが、モーターショーにはシルバー塗装のエンジンに変更されていて、4into1のマフラーに合わせて「CB400F」を思い出させるデザインがとても気に入りました。
2台の詳細は別記事で紹介したいと思いますので、そちらを参考にして下さいね!