CB1300

CB1300とCB900F

ホンダの“ビック1プロジェクト”に始まった水冷&4気筒が本当に次世代のCBになるのでしょうか?未だに「CB」といえばCB750FやCB900Fを一番最初に思い出してしまうようなバイク乗りにしたら、正直なところCB1300のフィンのない、ツルっとしたエンジンを見ても決して「美しい」とは感じません。確かにエンジンそのもの、なによりパワーは進化しているのでしょうが…そして、大柄な車体は、いかにもビックバイクの乗っているという優越感、満足感はあるかもしれません。しかし、無駄にでかいタンクや、無駄に太いタイヤは、確かに見た目はカッコイイのかもしれませんが、CB750FやCB900Fのようにシェイプされたタンクの方が、その美しい空冷エンジンが強調されるので、かえっとメカニカルでカッコイイと思ってしまうのです。そして、何より最近のホンダは完成されたバイクを出してきます。CB1300もそうだけど、このバイクはこう乗れ!と主張してくるバイクのことです。それは完成されているからなんだろうけど、本田のオヤジ(本田宗一郎)がつくってきたバイクは何か違ってたと思うんです。オヤジのバイクって「これはどうだ?」って聞いてくるんですよね。だから、「オレはこうだけど」って感じカスタムしたりして…オヤジのバイクはバイク乗りと会話ができるんです。CBっていうバイクを通してオヤジと会話していた、そんな感じがします。