CB1300

新世代のCB

cb1300.jpg

ホンダの国内フラッグシップモデルがCB1300。1992年から始まった「プロジェクトBIG1」にルーツをもつ、ホンダの新しい世代のCBシリーズです。CB1300(型式SC40)は1998年にCB1000SFの後継モデルとして発売されました。現行のCB1300は2003年にフルモデルチェンジされたCB1300(型式SC54)マイナーチェンジ版で、2005年にはハーフカウル仕様モデルであるスーパーボルドール(SB)もラインナップに加わりました。

■初代CB1300(sc40)
・X4譲りの水冷直4搭載
・ダブルプロリンクサスの採用
・6ポットキャリパー(2001年に軽量化のため4ポットキャリパーに変更)
・前後ホイール17インチ化

■2代目CB1300(sc54)
・PGM-FIの採用
・車両の軽量化(247kg→2代目226kg)
・新規設計エンジン
・マフラー変更(2本出しから1本出しへ)
・リアタイヤの幅を190から180に縮小
・ダブルプロリンクサスの廃止
・LEDテール
・イモビライザー
・デザインの大幅変更
・収納スペースの拡大(4L→12L)

CB1300の遍歴は、よりスポーティーで扱いやすいバイクを目指したカスタムの歴史のようでもありますね。
| cb1300